水回りでトイレのつまり


水回りのつまり水回りのつまりはほんとに困ります。洗濯や入浴あるいは食事作りと基本的な日常生活のサイクルが大幅に狂ってしまうからです。特に困るのはトイレのつまりでしょう。1日の何回かはお世話になるトイレがつまってしまって使えなくなれば、生理的な対応に支障が出るばかりではなく衛生面でも弊害が出ます。

こうしたつまりを引き起こさないために年に1回は、排水溝のヘドロ落としとして流し専用の強力洗剤を使って清掃している世帯がほとんどのはずですが、トイレのつまりばかりはそうした予防が難しく、そのつど対応しなければいけないのがつらいところです。要は異物を落としたり流したりしなければ良いわけでして、注意深く使う事が大事なのです。

頭ではわかっていてもうっかり胸ポケットのボールペンを便器に落としてしまったとか、大きいものですとアイフォンや時計などを落としてしまったとか、よく耳にします。これらが落ちた時はそうそう奥までは流れていかないはずですから、たとえば特殊なワイヤーでひっかけて取るなどの対処法が利用でききます。世の中には似たような失敗をしている人が意外と多くて、自分流の対処法を公開してるのをしばしば見つける事ができますし、プロ仕様の秘密兵器が通販で簡単に入手できます。

数万円程度の経費をかければ購入できるものが多いですから、不安がある人は揃えておくと何かあった時に助けになります。最も大事なのはトイレのつまりの原因を突き止める事であり、それによって適切な対処法を取る事ができるのです。ちなみに、トイレつまり原因情報掲載『ライフサポート』では、原因の一部を掲載しています。こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

Comments have been closed/disabled for this content.