水回りのつまりの多くはキッチンの流しであれば、頻繁に油汚れのついた食器や鍋を洗いますから、排水溝に汚泥がべっとりこびりついたゆえのつまりである事がほとんどです。排水パイプ専用の強力洗剤が市販されていますから、それで洗い流す事ができます。トイレにいたっては流してしまったものによっては業者に来てもらわないと、素人では無理な場合も多々ありますからやっかいです。

ラバーカップなるべく経費をかけないで処理するならば、ラバーカップすなわちすっぽんで水を流すか、水あるいはお湯を流して解決する方法が有効です。すっぽんは今時スーパーでもめっきり見かけなくなりましたから、かつてほどには入手が難しくなっているかもしれませんが、通販で購入できる場合もありますから探してみてください。

ただしこれらが活用できるのはごく初歩的で簡単なつまりだけです。大量の大便などの汚物にトイレットペーパー、テッシュペーパー、一部の生理用ナプキンやオムツ、小型の子供のおもちゃ、水に溶けるお掃除シート、ペットの糞や猫砂なと小さいものです。生理用ナプキンでも水に流せるものも市販されるようになりましたが、すぐに流さないと便器の中で水を含んで膨らみ流れにくくなる事がありますから注意が必要です。おむつはラバーカップあるいはお湯や水で流れる事もありますが、なるべくトイレには流さない方が無難です。

秘密兵器を使って

小さいものでも簡単には流れてくれないものもあります。子供のおもちゃで小さいものと消臭剤などのキャップです。奥に詰まって流れなくなる事が多く最終的には業者をよぶはめになる事が多くなりますから、トイレ掃除の際には注意してください。少々の効果ですが真空パイプクリーナーが通販で購入できます。携帯電話や財布あるいは時計など大きなものを落としただけではなく、気がつかずに落としてしまったという時に役にたちます。最終手段として使用したい時に重宝します。

子供のおもちゃでも形状や大きさによってはラバーカップやお湯などでは落ちない時もあります。そういう時は真空パッククリーナーやワイヤーブラシを使って対処します。ハンカチやハンドタオルを後ろポケットに入れたまま用をたした時に落とすケースもあるのですが、つまりやすく簡単には流れてくれません。ワイヤーブラシを使っての対処が適切です。

ワイヤーはプロ仕様の清掃道具ですが、短いもので1mないし2~3mの短いものから5m以上の長いものまであります。使い慣れないと使い込むのがなかなか大変です。使う時にもコツ少々いりますから、むしろ業者を呼んだ方が早道です。配水管洗浄剤もあるのですが取り扱い注意である事と若干高額である事が難点です。うっかりすると便器を破損させてしまったり、逆に詰まらせてしまったりなどリスクが伴うものである事も念頭に入れておきましょう。


水回りのつまり水回りのつまりはほんとに困ります。洗濯や入浴あるいは食事作りと基本的な日常生活のサイクルが大幅に狂ってしまうからです。特に困るのはトイレのつまりでしょう。1日の何回かはお世話になるトイレがつまってしまって使えなくなれば、生理的な対応に支障が出るばかりではなく衛生面でも弊害が出ます。

こうしたつまりを引き起こさないために年に1回は、排水溝のヘドロ落としとして流し専用の強力洗剤を使って清掃している世帯がほとんどのはずですが、トイレのつまりばかりはそうした予防が難しく、そのつど対応しなければいけないのがつらいところです。要は異物を落としたり流したりしなければ良いわけでして、注意深く使う事が大事なのです。

頭ではわかっていてもうっかり胸ポケットのボールペンを便器に落としてしまったとか、大きいものですとアイフォンや時計などを落としてしまったとか、よく耳にします。これらが落ちた時はそうそう奥までは流れていかないはずですから、たとえば特殊なワイヤーでひっかけて取るなどの対処法が利用でききます。世の中には似たような失敗をしている人が意外と多くて、自分流の対処法を公開してるのをしばしば見つける事ができますし、プロ仕様の秘密兵器が通販で簡単に入手できます。

数万円程度の経費をかければ購入できるものが多いですから、不安がある人は揃えておくと何かあった時に助けになります。最も大事なのはトイレのつまりの原因を突き止める事であり、それによって適切な対処法を取る事ができるのです。ちなみに、トイレつまり原因情報掲載『ライフサポート』では、原因の一部を掲載しています。こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。